ヘッダーイメージ

スポンサーリンク
怖い話 都市伝説 心霊写真 心霊スポット 心霊動画 怖い動画 怪談
霊能者と霊感商法2
霊能者と霊感商法
霊能者のカテゴリーをご紹介する前に、注意


昔から、社会問題化している霊感商法
霊感商法とは、昔から、社会問題化しています。
つい最近はじまったことではありません。
ある意味、霊感商法とは、詐欺の究極系です。

それは、逮捕されにくい 摘発されにいく傾向があるからです。

多くの霊感商法の多くが、
自称・自己啓発セミナーを行います。
それは、実際は、自己啓発セミナーが目的ではなく

自己啓発セミナーと言えば
人を洗脳しやす状況を、
相手に不信感を与えずに行う事が、可能になるからです。

世の中に、いかに、本物の霊能者が、少ないというより、
いかに、詐欺師という自称・霊能者が多いのか
以下の被害金額を見れば、わかるかと思います。

名称 被害者数 被害者数 摘発時期
 T協会 32,000人 1117億円  継続
 法の華 22,000人 950億円  2000年
 神の世界 数000人 250億円  2011年

この金額を見れば、一目瞭然ですが、
いかに、詐欺が横行しているからわかります。

このように、詐欺師からすると
霊感商法というのは、いかに人を騙しやすいのか
ということを証明している結果になっています。


また、これらの過去の事実から、わかることが他にもあります。
法の華 神の世界 などは、逮捕者が出た後に、崩壊しています。
しかし、T協会に限っては、今だに継続されており
実際の被害者は、ずっと多いのではないでしょうか

こういった、摘発されない 逮捕されない という事を象徴しているのが
あの有名なオウム心理教です。

今だに、オウム心理教は、名前を変えて存在し
逮捕状が、でているものが、逮捕されていないのです。

これが、現状というものです。

そういった、詐欺が横行している霊感商法なので
このコンテツを読むときは、そういった事を前提に注意してください。

SNSしてね

次の記事は、下のすすむから

 スポンサーリンク
 
 心霊スポット.net : 霊能者 本物の霊能者


霊能者 もどる 霊能者 すすむ 霊能者 一覧 心霊スポット,net
Topページ