心霊スポット.net
スポンサーリンク1

スポンサーリンク2
違法行為 迷惑行為は、推奨しておりません。
沖縄県の心霊スポット
健児之塔

沖縄県・心霊スポット 恐怖 雰囲気 危険 
健児之塔 Lv


噂のまとめ

沖縄師範健児之塔とは
沖縄師範学校男子部の生徒によって、
編成された鉄血勤皇隊を祀った碑です。

鉄血勤皇隊が、南部の断崖絶壁に追い詰められ最期を遂げたところで、
生徒・職員307名を合祀しています。

13~19歳の若さで大人と同じように戦闘に加わりました。
少年たちは、当初、通信や伝令を行っていたそうだが、
後には、切り込み、爆弾を抱えての特攻も行ったと言われている。

この「沖縄師範健児の塔」は、
1946年に師範学校の同窓生によって建てられたものです。

この塔は、平和記念公園内にあります。


動画



噂の感想

今回の分析ポイントは、以下1点です。
①この場所がなぜ心霊スポットとされたのか?
なぜこの場所が、心霊スポットとされたのかは、
簡単な背景を説明すると、

①この公園が心霊スポットと噂されている
②段階絶壁の崖があり、ひめゆりの塔などを連想させている。
③健児の塔(13歳~19歳)若い年齢だった。
④健児という名前が覚えやすい

①~③に関しては、
ここが心霊スポットとされる要因になった要素になります。

そこに④健児という覚えやすい名前
人の名前のように覚えやすいこのコトが、
特にこの場所を噂されている原因といえます。

その根拠としては、
この沖縄師範健児之塔の周辺には、慰霊碑が他に3つもあります。

①風部隊の碑
②独立臼砲第1連隊戦没英霊之碑
③南冥の塔

など、なぜこちらの慰霊碑は、噂されていないのでしょうか?

やはり覚えやすいこと、知識のないものが 噂したとしかいいようがありません。
本当に、心霊スポットとされるのなら、
他も同様に心霊スポットとなっていないことは、大きな矛盾点です。

そして、大きな矛盾点は、ここにもあります。

チンガー 死の井戸
チンガー 死の井戸とされる場所があります。

この場所は、1945年6月頃に
数万人の日本兵と住民が水を求めてこの井戸に人が殺到した。

それは、摩文仁の丘周辺には井戸が2か所しかないそうです。
その為に摩文仁区民のムラガーのチンガーの井戸に
人が集まるのは、容易に想像つくかと思います。

そこに、米軍による海からの砲撃や機銃射撃があり、
多くの方々が、この場所で亡くなられそうです。

どうして、この場所は、噂されていなかったのでしょうか?

他の心霊スポットと噂されていて、
心霊スポットではない場所と同じ流れで、
いかに噂といものが、
根拠のないもので創作されて広がっていくことがわかります。
ここは、心霊スポットではありません。




 
スポンサーリンク3
  スポンサーリンク4
 

☆☆☆☆☆

沖縄県の心霊スポット
前のページ
沖縄県の心霊スポット
次のページ
沖縄県の心霊スポット
Topのページ
 心霊スポット.net
Topページ
 

★★★★★

※紹介されている全ての場所が、心霊スポットであるとは限りません。
また、心霊スポット.netでは、心霊スポットを幽霊のでる場所ではなく
当サイトの心霊スポットの定義は、
人々が、噂する怖い話が、心に記憶される場所
人々の心に宿る霊(記憶に残る場所)という定義です。

もちろん紹介する動画は、除霊お祓いも鑑定もしておりません。
実際に、祟りや呪いも作品に含まれていますので

心霊スポット.netでは、いかなる損害が、発生した場合も
一切責任を負いませんので、ご覧になられる場合は、
自己責任においてご覧になってください。