心霊スポット.net
スポンサーリンク1

スポンサーリンク2
違法行為 迷惑行為は、推奨しておりません。
沖縄県の心霊スポット
中城高原ホテル

沖縄県・心霊スポット 恐怖 雰囲気 危険 
中城高原ホテル
(チャイナタウン)
Lv6 ★★★ ★★ ★★★


噂のまとめ

①スーツを着た男が走って追いかけてくる
②プールの排水口に線香と塩を供えた跡に、、
 ボイスレコーダで、録音すると子供の声が聞こえる

現在は世界遺産になっている中城城跡の敷地の一部(管理外)に
1970年代初期に建設が始められ
1975年の開業直前に会社が倒産して、廃墟となる。

1970年代、沖縄海洋博に向けて開業するために建設されたのですが、
企業の倒産など、さまざまな理由によって途中で中断となり、
一度もオープンもしずに、そのまま廃墟となっているそうです。

チャイナタウンと呼ばれた理由
なぜチャイナタウンという名称になったのかは
1説では、チャイナ風の音楽が聞こえてきたという


小さいブールでの怖い話
小さいプールで、
ラジカセで録音してみたら、子供の声が録音されていた。

TV番組
心霊番組で有名な、あの番組で、心霊スポットと紹介された。


犯罪多発地帯
隠れていた何者かに・・・・

動画





噂の感想

このスーツを着た男性が追いかけてくる
これは、マチガイなく人間でしょう。
こういった心霊スポットと噂された場所では、時々よくあることです。


②このプールの怖い話
このプールの詳細は、当時を知る人間にしかわからないことです。
しかし、一度も営業していないこのホテル
可能性としては、
①営業前にプールびらきだけはしていた
②他のプールと混同されたという点


③この場所は聖域だった
この場所は、元々、御嶽(沖縄の聖域)が密集する、
神聖な場所であったのですが、このホテルの開発時に、

なにか特別なこともしずに、
御嶽(聖域)を破壊しつくして、ホテルを立てたという
その為なのか 建設当時、事故が相次いたと噂されている


④犯罪地帯
隠れていた何者かに、襲われかけた、こういった噂が多い
そして、それを象徴しているのが、
スーツを着た男性に追いかけられるという噂なのではないでしょうか

どこからでも入れることができるこの廃墟
それは、裏を返すと、
いつ 誰が 入ってくるかわからない危険性があります。


⑤放火が続発している
そして、この場所では、放火が相次いでるのですが、
なにやら、悪魔崇拝(カルト)の儀式らしき形跡があります。
もしかすると、放火ではなく、悪魔崇拝の儀式をしている可能性があります。

なぜ、悪魔崇拝の可能性があるのか
ここは、もともと聖域とされていた場所だったのが、
御嶽を壊して 聖域の結果が壊れて できた場所です。
それを逆に悪用するのには、最適の場とかしている為です。

そして、悪魔崇拝とは、生け贄を必要とする為
もし、あなたが現場に遭遇したら、
あなたの命を生け贄に捧げにくる可能性があります。


⑥奇妙な構造
この建物の構造は、とても奇妙である。
適当に増築を繰り返したようにも見える建物、
とても高い天井があると思えば、とても引くい天井もあるという
そして、奇妙な部屋もあるようです。
そして、この廃墟の構造は、
まるで巨大迷路のようになっていて、時々迷うそうです。
夜になれば、迷う危険性はまします
窓が無いためだけの理由とはいえない 建物事態の構造が奇妙である。


⑦物理的な危険性が極めて高い
長年の雨風や潮風により、かなりコンクリートが老朽化している
30年も放置されているので コンクリートがかなりボロボロになっています。

そして、現在の建築法ではない安全基準以下で作られた為
天井が落下して、死亡事故に発展する可能性や
床が抜けて、落下して、死亡事故に発展する可能性がある。

また、クギやガラスなども散乱しており
剥き出しのクギを踏んで靴を貫通して足に穴が開く怪我する可能性もある


心霊スポット.net 分析結果
この犯罪地帯の廃墟で、夜この迷路のような廃墟で迷ってしまったら、
扉の無い窓や入口が無数に有り、どこからでも入る事が出来ます。
逆に言えば、いつどこから、誰が入ってくるかわからない
犯罪に巻き込まれるという可能性を秘めている。

そして、いつ壊れてしまうかわからない、
この場所で怪我をして動け動けなくなってしまったら、

心霊スポットとの前に物理的危険性がたくさんありすぎる廃墟です。


補足
この場所にいく際には、有名な看板が出てくる。

いくつかの中のひつとを紹介すると、この看板には、
注意
ここから先は、中城跡の管理区域外です。
事件・事故などがあっても一切責任は持てません。
中城城跡○○管理協議会

有名な SSS 大塚貝塚 平和公園 など 噂の看板
その噂の真実は、ここにあった看板ということでした。


 
スポンサーリンク3
  スポンサーリンク4
 


沖縄県の心霊スポット
前のページ
沖縄県の心霊スポット
次のページ
沖縄県の心霊スポット
Topのページ
 心霊スポット.net
Topページ
 

★★★★★

※紹介されている全ての場所が、心霊スポットであるとは限りません。
また、心霊スポット.netでは、心霊スポットを幽霊のでる場所ではなく
当サイトの心霊スポットの定義は、
人々が、噂する怖い話が、心に記憶される場所
人々の心に宿る霊(記憶に残る場所)という定義です。

もちろん紹介する動画は、除霊お祓いも鑑定もしておりません。
実際に、祟りや呪いも作品に含まれていますので

心霊スポット.netでは、いかなる損害が、発生した場合も
一切責任を負いませんので、ご覧になられる場合は、
自己責任においてご覧になってください。