心霊スポット.net
スポンサーリンク1

スポンサーリンク2
違法行為 迷惑行為は、推奨しておりません。
沖縄県の心霊スポット
Hホテル街のK

沖縄県・心霊スポット 恐怖 雰囲気 危険 
Hホテル街のK Lv3

沖縄県の心霊スポット Hホテル街のK

噂のまとめ

①ある部屋の駐車場に女性が立っている。

ホテルK・噂の歴史
この場所では、
バラバラ事件を筆頭に、
最大で、22人もの・・・・が出ているといわれている。

そして、何度も改装を繰り返しては、 何度と名前を変えて、
リニューアルオープンしてきたが、
結局潰れてしまうということを繰り返してきたようです。


噂の感想

の場所は、沖縄の心霊スポットと噂されるホテル
以前リニューアルされる前は、
完全に廃墟と化して、とても怖い雰囲気を出していた。
草が、おおしげり、草むらの中にあるような状況でした。

しかし、買い手がついたのか、それともリニューアルされたのか
何度も新しオープンしようですが、潰れてしまったようです。

潰れてしまった理由はいくつか考えられます。
この場所が、ホテル街なので、他のホテルに流れてしまったのか
それとも心霊スポット化したが故に潰れたのか

ただ、逆に心霊スポット化した場所のホテルは、
以外と客が、県外から泊りにわざわざきたりするので、
実際は考えにくいのです。

1説には・・・・とありますが、

リニューアルするなら、一層のこと、幽霊ホテルとして売り出ししてまえば
以外と話題を呼んで、客が集まるかもしれません。
海外には、そのようなホテルやお店がたくさんありますよね。

すこし話がそれてしまいましが、
一番可能性が高いのは、度重なる事件の発生によって
実際に22名も死者を出したのかは、定かではありませんが、
22名と噂されるほど、多発したことを考えれば、
管理者責任を問われて、行政から、
営業の許可取り消しや、営業停止処分になるのは、当然の流れでしょう。


ここが、今現在も 実際にどうなのかはわかりませんが、
昔は、建物や雰囲気があったということは、確かなようです。

一つ言えることは、この場所は、
あまりにも噂さが広がっていることを考えれば、普通のホテルとして営業を成功させることは、過去の度重なる
営業終了の失敗事例を考えれば、無理なことは、明白です。

ということを考慮すれば、
やはり堂々と、幽霊ホテルとして宣伝して、
幽霊が出やすい部屋の度合いに応じて、部屋の料金を逆にあげて
スペシャルルームとして、サービスを提供したらいいと思います。

日本のこういった物件で思うのですが、
なぜ、隠そうとするのか、不思議です。
隠そうとすれば、するほど、逆に変な噂が広がってしまう
私からすると、そちらの方が不思議です。



 
スポンサーリンク3
  スポンサーリンク4
 


沖縄県の心霊スポット
前のページ
沖縄県の心霊スポット
次のページ
沖縄県の心霊スポット
Topのページ
 心霊スポット.net
Topページ
 

★★★★★

※紹介されている全ての場所が、心霊スポットであるとは限りません。
また、心霊スポット.netでは、心霊スポットを幽霊のでる場所ではなく
当サイトの心霊スポットの定義は、
人々が、噂する怖い話が、心に記憶される場所
人々の心に宿る霊(記憶に残る場所)という定義です。

もちろん紹介する動画は、除霊お祓いも鑑定もしておりません。
実際に、祟りや呪いも作品に含まれていますので

心霊スポット.netでは、いかなる損害が、発生した場合も
一切責任を負いませんので、ご覧になられる場合は、
自己責任においてご覧になってください。