ヘッダーイメージ
心霊スポットの注意点
逮捕される
このページでは、心霊スポットの注意点の
逮捕される
をまとめています。

心霊スポットは、
誰も住んでいない廃墟だから何をしてもいい
そう思い込んでいると、大変な事態になるかもしれません。

なぜなら、誰も住んでいない≠誰の物でもない
ということではないのです。

空き地が誰かの土地なように廃墟も誰も住んでいないけれど
誰かが所有している場合もあるのです。

そして、その心霊スポットとされる場所にカメラがなくても
近くのコンビニなど、色々な場所に、監視カメラはあり、

心霊スポットに、その日に向かった車などは、特定できるのです。
違法行為は、やめましょう。

多くの人が、イタズラしていたけれど
たまたまあなただけ逮捕されるということもあります。

花火による火事や心霊スポットへの落書き
放火罪にならなくても、器物損壊罪に問われる可能性があります。


不法侵入
建造物侵入罪 又は、住居侵入罪 で問われる可能性がります。
所有者のいる管理された場所になれば
監視カメラによる録画 警備会社の管理が行われている所もあります。

心霊スポットの場所によっては、
定期的に警察が巡回している場所もあります


ゴミの不法投棄
ゴミの不法投棄した場合、
5年以下の懲役または
1000万円(法人には3億円まで加重ができる)

トンネルなどの公共施設などは、立入禁止になっていなければ大丈夫です。

  • はてなブックマークに追加
次の注意点は、進むから、一覧は、戻るから


スポンサーリンク                   スポンサーリンク
心霊スポット.net:心霊スポット注意点

カスタム検索
もどる すすむ 心霊スポット
注意点 一覧
心霊スポット.net
Topページ
都市伝説 怪談 怖い話 心霊スポット.net