ヘッダーイメージ
心霊スポットの注意点
毒ヘビの恐怖
このページでは、心霊スポットの注意点の
毒ヘビの恐怖
をまとめています。

心霊スポットの多くは、山奥にあることが多いです。
特に、怖いとい言われる
心霊スポットほど、山奥にあるのではないでしょうか

そうなると毒ヘビなどの遭遇率が高くなるのではないでしょうか?

日本で毒ヘビに咬まれて死亡する人は、
毎年、4人から18人 

平均、毎年10人程の方が、亡くなられています。

 

毒にも種類があり


神経毒は
死亡するリスクは、神経毒の方が高いです。


出血毒は、
死亡リスクは、低いものの、
細胞壊死により、後遺症障害が、残るリスクがあります。

 

ハブ
沖縄諸島と奄美諸島に生息する毒ヘビです。

体長は最大で2mを越えるものがあり、
咬まれると大量の毒液が、注入されるため危険です。

直ぐに病院に行く必要があります。



マムシ(ニホンマムシ)

南西諸島を除く日本の各地に生息する毒ヘビです。

マムシは小型のヘビで、ハブに比べたら毒性も低いから、

大丈夫と思っている人が多いようですが、、


実は、マムシの毒性はハブよりも強く、

毎年に毒ヘビに噛まれて
死亡する人のケースのほとんどが、

マムシに咬まれて亡くなられています。


噛まれる咬傷被害は、
毎年3000人ほどが咬傷被害にあって、

そのうち10名ほどが尊い命を落としています。



ヤマカガシ
水田や川、渓流近くに生息する。

 

ヤマカガシの毒性は強力で、
LD50(半数致死量)で比較すると

ハブの10倍、マムシの3倍の毒性があります。

ヤマカガシは、大変危険な毒ヘビです。


対策方法は、


①病院に行きましょう。

詳しいことは、専門家の意見を聞きましょう。


怖いいね!してね

  • はてなブックマークに追加
次の注意点は、進むから、一覧は、戻るから


スポンサーリンク                   スポンサーリンク
心霊スポット.net:心霊スポット注意点


もどる すすむ 心霊スポット
注意点 一覧
心霊スポット.net
Topページ
都市伝説 怪談 怖い話 心霊スポット.net